野球のバッティングにおけるスイング理論について

野球のバッティングにおけるスイング理論について

野球のバッティングにおける理論は様々な考え方があります。どれが正解で間違いなのかと言われれば、そんな簡単に答えは出ません。そこで今回は、バッティングのスイングに関する考えを伝えたいと思います。
スイング軌道を考える

 

 

 

バットを上から下へ振り抜くのがダウンスイングと呼ばれるものです。そして水平に振りぬくのがレベルスイング、下から上へ振り上げるのがアッパースイングになります。

 

 

 

良く言われるのが、ゴロを打つときにはダウンスイング、フライを打ち上げるのがアッパースイング、その中間がレベルスイングと言われています。しかしこれは大きな間違いで、ゴロを打とうとしてダウンスイングしても、結果フライを打ち上げる可能性が非常に高くなります。これは叩こうとするあまりボールの下側をこする感じでとらえてしまうからです。

 

 

そして逆もしかりで、フライを打ち上げようとアッパー気味にスイングすればゴロになる可能性は高くなります。これもボールの上側を捉える確率が非常に高くなる為です。

 

 

一度実践してみると解るとおり、アッパースイングでボールの下側を捉えていては、せいぜいキャッチャーフライもしくは内野へのフライといったところです。そしその中間ともいえるレベルスイングでは、投げられるボールの軌道に対して振り抜く事が大切です。決して地面に平行に振るというものではありません。

 

 

 

遠くに飛ばす為にはレベルスイングが最適

 

バッティングの醍醐味といえば、やはり遠くにどれだけ飛ばせるのかだと思います。ホームランを打ってダイヤモンドをゆっくり走るその優雅さは憧れでもあります。

 

 

そして遠くに飛ばす為には、先にも説明したボールの軌道に対していかにレベルに振り抜けるかどうかという事です。

 

 

長打を狙うという事は、繋ぐ事を大切にする日本の野球界において軽嫌いされる事は多いです。又、ホームランとフライは紙一重でもある為、フライを打ち上げるという事はとても嫌われるからです。

 

 

しかし一生懸命ゴロを打とうとダウンスイングを行っても、振れば振る程こすった打球ばかりで、結果フライばかりなんてことは良くあります。これはスイングのメカニズムからいってもそうならざるを得ないからです。

 

 

プロ野球選手の多くはレベルスイング

 

 

 

プロ野球選手のスロー動画などを見れば解るのですが、決して上から振るようなダウンスイングにはなっていません。

 

 

 

多くの場合、ボールの軌道に合せるかの様に下から上へと振り上げるな形になっています。プロ野球選手のインタビューなどでも、良く耳にするのが「上から叩くような」とか「ヘッドが下がらない様に」とか、あたかまもダウンスイングを行っているようにとらえてしまいます。しかしこれらはあくまで感覚の問題であって決してその様なスイングは行っていないという事です。こういった感覚が必要な時には、ボールの軌道に対して下から入り過ぎている時の修正などに考える事をおすすめします。

 

 

 

あくまで投手の投げるボールはホップする事なく重力によって多少落ちてくるという事をしっかり理解しておく事が、レベルで振る意味にもなります。

 

 

バッティングに関する事はスイング以外にも体の使い方も大切な要素になってきます。ひとついえる事は、自分のスイングを客観的に説明できるかどうかがポイントであり、言われるがままに振っていてはそれ以上の上達は望めないという事です。